カードローンから低金利でお金を借りるには

カードローンとは、無担保・無保証で契約ができる個人向けの借り入れです。 個人の信用のみで契約ができ、利用限度額内でなら何度でも借り入れと返済を繰り返して利用できます。 また、借入れ方法はDCやATM、振り込みなどに対応しているため、24時間いつでも必要な金額を借りることができるのが大きな特徴でしょう。

さて、こんな便利なカードローンですが、気になるのは金利です。 金利によって利息も変わってくるため、いくらかでも返済負担を減らしたいと思うのなら低金利でお金借りることを考えたいですよね。 では、どうやれば低金利で融資を受けることができるのかを紹介しましょう。 金利というのは利息制限法に倣い、各社で定められています

元金が10万円未満であれば年利は20%まで、元金10万~100万円未満であれば年利18%まで、元金100万円以上になれば年利は15%までとされています。 平均すると、4%~18%での貸付が多いようですが、最低年利で貸付をしてくれることはないので、最高年利を比較してみましょう。 例えばA社では年利4%~19%の貸付、B社では年利6%~17%の貸付になっていたとします。 最高年利を比較してみると、B社の方が低いですよね。 つまり、お金借りる際にA社とB社のカードローンを比較した時には、B社のほうが低金利で融資してもらえる可能性が高いということになります。 また、正しく利用を続けて信頼できる債務者であることを示せば、金利をさげてもらう交渉も可能です。 初めて40万借りたいなら、100万円未満ですので、年利は15%以内での借り入れが可能です。


カードローンは保証会社を利用して融資する

我々の生活の中で、もはや銀行や消費者金融が行うカードローンを度外視して生活はできないのではないでしょうか。 仮にお金借りることをいいことではないと思っている人でも、必要であるということは認めていると思います。 カードローンは便利に借りることができます。 銀行でも、消費者金融のATMからでも、そしてコンビニやネットからでも簡単な手続きできます。

その借入する方法は、自分の預貯金をキャッシュカードを使って引き出すようね手軽さです。 そして無担保、無保証の融資なので誰に迷惑をかける必要もないのです。 正確に言えば、無担保・無保証の意味は、お金を借りる人が保証人を用意する必要がない、と言う意味です。 そしてちゃんとあなたのカードローンの保証はが保証会社によってなされているのです。 だから安心して利用できます。 金融機関としても、お客様から預かっている預金を貸し出しに回しているわけですから担保は取る必要があるのです。

しかし、保証会社によって保証されることは、それによって我々は手軽に安心して借入をすることができるのです。 カードローンの大きなメリットに、決められた枠内であれば何回でも借り入れすることができることです。 現金が必要になった時、コンビニATMで、タイムリーにそして簡単に借り入れができます。 しかし、あまり便利だからと言って、無計画で使いすぎには注意しましょう。 出来れば利用する前に返済シミュレーションをしてから利用しましょう。


事業資金が足りないときに金融機関からお金借りる方法

事業資金を借入するには資金計画書が必要【誰でもわかる資金計画書の書き方】

会社経営であっても、個人事業であっても、事業をする場合 「お金」は非常に重要でよく人間の血液に例えられます。

お金には自分で用意できる自己資金と他人から借りなければならない資金があり、 そのお金の調達方法は一般的に金融機関から調達しますが、その際、資金計画書を作る必要がでてきます。

商売を行う場合の「お金」には2つの種類があり、 「設備資金」と「運転資金」があり、商売を始める場合の事務所の家賃や電話やファックス、 それにホームページ作成する場合の費用も設備資金に含まれます。

また、人件費や商品仕入れ代金などは運転資金となり、その部分は将来的な予測、 あるいは事業の計画を加味したものになるでしょう。

資金計画書の策定にあたって、その商売によって売り上げと支払いのタイムラグを慎重に見極める必要があります。 起業して間もなければ取引先に対する信用度も低く納品時に現金を要求されることもあるかもしれません。

人間は血液が循環しなくなったら死を意味しますが、商売でお金が途切れた場合、その商売の死を意味します。 自己資金絵賄える部分と金額、他人から調達いなくてはならない部分と金額を明確にして資金計画書を作る必要があり、 銀行などからの調達分に関しては銀行に行って説明できるようにいておきましょう。

その計画書を作ることによって、お金の流れと金額を明確にすることは、 銀行に提出するだけでなく、自身の商売の内容を知るうえでとても大切なことと言えるでしょう。


お金を借りる前に「貸金業界は安全なの?」

知って便利な日本貸金業協会

貸金業界は大変厳しく取り締まり管理されています。 貸金業界のとりまとめから、貸金業者の適性運営を管理し、業務が健全に発展していく事を目的としています。

またさらに、貸金業者をご利用になる消費者の方々が、少しでもご利用になりやすいシステムを築けるよう、 日本貸金業協会は平成18年12月に誕生し、業務を行っています。

具体的には、どのような業務があるかといいますと、協会員でる賃金業者協会員に最新の法令の遵守を指導したり、その監査を行ったりします。 また様々なルールの多い業界ですので、貸金業務取り扱い主任者の知識レベルの一般化を計るために試験を行い、 合格者の登録作業をしたりする業務を行っています。

更には一般消費者の方からの相談対応、苦情処理、ひいては紛争があった際にはその解決の為に尽力する、という業務も含まれています。 つい最近では、消費者の方が安心してお金を借りる事ができるように、 無登録の悪質業者の検索ができるシステムを発表し、貸金業者を利用する一般消費者が、 クリック検索で悪質業者に引っかかる事がないよう啓蒙も行っています。

ありがたい事に万が一、困った事になってしまったときでも、消費者の方の相談に乗ってくれる紛争解決窓口というのが、 平日ならば9時から17時半まで電話で相談可能です。

公正中立の立場に立ってアドバイスをしてくれるので、お金を借りる前に何か心配事や不安、質問があれば、 日本貸金業協会にお問い合わせしてみると良いかもしれません。

日本貸金業協会 公式サイト
相談窓口の業務(貸金業相談・紛争解決センター)
日本貸金業協会


消費者金融でお金を借りる際の強い見方「日本消費者金融協会JCFA」

【追記】日本消費者金融協会JCFAは「平成26年3月末を持って解散しました」

消費者金融は、安定した収入がある方であれば、担保や保証人を必要とせずに即日にでも融資が受けられるので、多くの方が利用しています。 きちんと返済ができる方であれば、問題はありませんが、消費者金融に関する問題も増加しています。

日本消費者金融協会は、JCFAとも呼ばれていて、消費者金融を管理し、調査、研究を行っている協会です。 1969年に設立された任意の団体で、消費者金融に関するトラブルを未然に防ぐための、様々な情報を提供していました。

消費者金融のカードを一枚持っていると、ATMを利用してお金を借りることが出来ますし、 指定の銀行口座に振り込んでもらえるサービスのある所が増えているので、利便性が高くなっています。 優良な貸し金業者の情報も知ることが出来ますし、悪徳の貸し金業者の手口などを知ることが出来るので、消費者を守ってもらえます。 計画的に利用するようにして、必要ないお金は借りないようにすることも大切です。

元金にプラスして、金利を支払わなくてはならないので、なるべく低金利を提示する消費者金融を選ぶ必要があります。 その他に、今日中にお金を借りたいなど場合などは、即日融資や即日振込に対応している業者を選ぶ必要がありますが、 どうしてもお金を借りたい方で、審査に落ちたなどの理由によりお金を借りれない場合によく起こるトラブルとして、 法外な金利設定をしているヤミ金と言われる違法な業者はお金を借りやすいことから、借入後にトラブルに発展する場合がありますので、 急いでお金を借りる場合は、大手で貸し出し実績のある業者から借りるのが良いでしょう。

また消費者金融を利用したいと考えている方は、日本消費者金融協会の加盟店になっているか調べておくようにしたいものです。 日本消費者金融協会が警告している内容を、しっかりと理解しておきましょう。 消費者金融を利用している方が、増加していますから、健全な運営や発展を目指すことで、より便利なサービスが受けられるようになります。